性感染症(STD)について

治療が遅れると、不妊症や子宮外妊娠の原因となることもありますので、ご心配がある場合には早めの検査をおすすめします。
一般的に性病といわれる、STD(性感染症)は性行為による感染症の事で、HIVや梅毒、淋病、クラミジア、尖圭コンジローム、ヘルペス、トリコモナスなどが代表的です。
これらの病気は男性も女性も感染しますが、女性の場合は男性よりも症状が重くまた不妊症や流産、早産を起こす事もありますので、特に注意が必要です。

性感染症にかかりますと、発熱、リンパ節の腫れ、腹痛、下腹部痛、喉の痛み、発疹、性交痛(セックスの時の痛み)、おりものの異常(色・臭い・量)、外陰部(下半身の局部)の痛み・かゆみ・水疱(水ぶくれ)・潰瘍・イボ・しこりなどの症状が現れます。
以下に代表的な性感染症について、ご説明いたします。
病気ごとの症状なども記載してありますので、気になる症状がありましたら、早めにご相談ください。

クラミジア

クラミジアは細菌感染症の一つで、この病気も男性には排尿痛などを伴う尿道炎を起こす病気ですが、女性には自覚症状が出来くいのが特徴です。
女性が感染しそのまま進行すると、子宮頚管炎を起こし、またさらに進行すると、卵管炎や腹膜炎を引き起こす場合があります。
この病気も早期に発見して治療を行えば治る病気です。
クラミジアの検査はおりものの免疫学的検査となります。
治療法は抗生物質の内服です。

淋病

淋病は細菌感染症の一つで、男性に尿道炎などの激しい痛みを伴う膿の排出が起こる病気です。
また、女性においては、症状があまり無く、進行すると膿のようなおりものがでたりします。
さらに、進行すると子宮内膜炎や卵管炎や腹膜炎を引き起こすこともあります。
現在においては、早期に発見して治療を行えば治る病気です。
また、治療が遅れると、不妊症の原因になったり、手術が必要になる場合があります。
淋病の検査はおりものの細菌培養となります。

ヘルペス

ヘルペスはウイルス感染症の一つで、初感染では水泡が出来て、それが潰れて潰瘍になり激しい痛みを伴います。
治療法は薬物療法(アシクロビル錠・バラシクロビル錠・外用薬アシクロビル軟膏)です。
この病気も再発の可能性があり、その度に治療が必要です。
また、女性の場合はお産の時に発病している場合は、母子感染の恐れがありますので、帝王切開が必要になる事があります。
ヘルペスの検査は視診と症状です。
治療法は抗ウィルス剤の内服で治療期間は内服5日間です。
完治しない場合は、5日の内服を追加いたします。
また外用の軟膏を併用します。
再発を繰り返す場合は、予防的に抗ウィルス剤の内服を続ける方法があります。

尖圭コンジローム

尖圭コンジロームはウイルス感染症の一つで、症状は、かゆみを伴うイボ(腫瘍)が単発または多発し、カリフラワー状になることもあります。
また、この病気は母子感染の危険性もありますので、出産前の治療も必要です。
尖圭コンジロームの検査は視診となります。
この病気の治療法はレーザー治療・冷凍手術・薬物療法(外用薬ベセルナクリーム)・外科手術などです。
この病気は再発の可能性があり、その度に治療が必要になります。

トリコモナスはトリコモナス原虫による感染症です。
男性はまったく無症状で、女性は黄色い臭いの強いおりものとかゆみを伴う病気です。
この病気は早期に発見して治療を行うことで完治します。
トリコモナスの検査はおりものの顕微鏡検査です。
治療法は抗原虫薬の膣錠です。

HIV(AIDS:後天性免疫不全症候群)

HIVは感染2~4週間後に発熱、頭痛、咽頭痛、発疹、関節炎など風邪のような症状がみられることがありますが、これらの症状はすぐに消失します。
その後、無症状のまま数年から十数年の長い潜伏期間が続きます。
この間、体内でウイルスが増殖し、免疫システムが徐々に破壊されていきます。
やがて免疫力の低下とともに発熱、体重減少、下痢などの様々な症状があらわれます。
さらに進行するとカリニ肺炎、結核のような様々な病原体による感染症や、カポジ肉腫などの悪性腫瘍を併発します。
この段階をエイズといいます。
HIVは現在においてその治療法は見つかってませんが、最近では様々な薬で、発病を抑える事が可能です。HIVの検査は血液検査です。

梅毒

梅毒は細菌感染症の一つで、主な症状として、初期段階に赤くて固い腫れ物ができ、約3ヶ月後にその赤みが全身に広がり、さらに進行すると、ゴム腫などの皮膚症状があらわれます。
現在においては、早期に発見して治療を行えば完全に治る病気です。
梅毒の検査は一般的に血液検査で結果は翌日に判ります。
治療法はペニシリンの内服で治療期間は2週間~4週間で、長い場合は6週間ほどかかる場合があります。